流行りもの追いブログ

生活の癖といいますか

生活って毎日のことで気をつけないとだらしなくなっていったりしてしまう。例えば部屋が汚れても、それを汚いとも感じなくなってしまったりするのだ。
そうすると健康を害してしまうしお金にはだらしなくなるので、それは避けたい。
そして毎日をハツラツと過ごすには、なんでも習慣にするのが一番簡単である。
例えば掃除や生理整頓するのは面倒だと思うかもしれないけど意外とルールを決めると大丈夫。
私は洗面所の掃除は月曜日で床の水ぶきは金曜日にするとか、洗濯は起きて30分以内に始めるとか自分で無理のないルールを決めている。そして、きついルールだとどうしても続かなくなってしまうので、程よく休みを作るのも大切。
最初はいやいややり始めるかもしれないけど最初だけ徹底して習慣にすれば、いつの間にかそれをしないと気持ち悪くなってしまう。そして歯磨きを毎日するように頭で考えなくても身体が動くようになる。
生理整頓も、まずはハサミはテレビの棚の引き出しの手前でこの小さめのお鍋はよく使うからシンク下の戸棚でスプーンはコンロの隣の棚の一番上の引き出しのさらにフォークの右隣、と一つ一つ指定席を作る。それも小さな小物まで細かめにである。大ざっぱだと後からの生理整頓も大ざっぱになってしまいぐちゃぐちゃになるかもしれないからクリップのような小物でも指定席は作る。最初にこれを決めておけばその後はそこに毎回片づければいいだけなので意外と部屋は汚れないし散らからない。そして、なによりその生理整頓された様を綺麗だな気持ちいいなと思えれば片づけるのも苦にならない。
むしろ散らかっているのが気持ち悪くなってくるので掃除や生理整頓をするようになる。
そして掃除をするもう一つの利点は運動にもなり気持ちもよくなるということ。
掃除は本気でやっていると結構、体を動かさなくてはならない。例えば大きい窓を拭くときは手を大きく伸ばしたり屈伸運動も自然にしている。なので掃除をよくする人はスリムな体型の人が多いかもしれない。そして、汚れている物を磨いてそれがピカピカになるのは本当に気持ちがいい。

毛穴に毛が埋まるのが悩みでした

私は毛穴で悩んでいました。
その理由は脱毛をしたあとに生えてきた毛が必ず毛穴に詰まってしまうことです。
たとえば毛抜きで毛を抜くとそのときはスムーズに抜けますし、
毛穴が赤くなったり膿んだりもありません。

 

ですが、そのあとに新しい毛が生えてきたときに
必ずといっていいほど毛穴がふさがってしまい、
新しい毛がスムーズに生えてこなくなってしまいました。
皮膚のなかに埋まってしまうような感じです。

 

毛自体はどんどん成長していくので、毛穴の中や皮膚の中で
埋まりながら伸びて行ってしまうので肌の見栄えがとても汚なかったです。
黒く点々になって見えるので毛の処理をすることで余計に汚い肌になっていて逆効果になってしまいました。

 

いつか毛が伸びてきたタイミングで勢いで(?)毛穴から出てきてくれるかと期待して待ちましたが、
出てこない場合が多かったです。
そんなときは一本一本毛抜きで毛を引っ張り出しました。
そうするとひょこっと毛穴から出てきてくれます。
でもそれは本当に面倒で気の長い作業でした。
毎回そんなことの凝り返しでは毛の処理も本当に億劫になります。

 

ですが結婚後は特に毛の処理はしなくなりました。
夏場に腕の毛を時々処理する程度になりました。
もともと体毛はそんなに濃くはないのですが、
露出することもなくなりましたし、夫もまったく気にしないので毛のことは気にならなくなりました。
なので毛穴に毛が埋まってしまうという悩みは今はほとんどなくなりました。

 

参考 毛穴洗顔石鹸ランキング

更新履歴